米グーグルが組織改革に着手した。根底にあるのは“老化”への危機感。独占的な地位を築き、業績も好調の今、あえて変革を唱える理由とは。グーグル“中興の祖”である前CEOのエリック・シュミット会長が語った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3080文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年11月10日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。