米議決権行使助言会社が、来年から日本企業向けの新基準を導入。ROE(自己資本利益率)5%未満の会社のトップは失格とされる。社外取締役導入に続き、経営者には新たな圧力が加わる。