安倍晋三政権が最重要課題と位置付ける「地方創生」を巡る議論が活発になっている。地方自治体の判断で柔軟に活用できる新たな交付金制度などの創設が柱だという。だが、呼び方は何であれ、地方の活性化を目指す取り組みはこれまでも何度も実施されてきた。そのいずれも失敗に終わっていると言っていい。今回も結局はうまくいかないだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1588文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。