安倍晋三政権が最重要課題と位置付ける「地方創生」を巡る議論が活発になっている。地方自治体の判断で柔軟に活用できる新たな交付金制度などの創設が柱だという。だが、呼び方は何であれ、地方の活性化を目指す取り組みはこれまでも何度も実施されてきた。そのいずれも失敗に終わっていると言っていい。今回も結局はうまくいかないだろう。