インターネットの「第3の波」とも呼ばれるIoT(Internet of Things)が米国で離陸した。米国得意の標準化とデータ解析技術で、既存産業の抜本的な刷新を狙う。自動化技術や現場力をお家芸とする日本企業には、機会であると同時に大きな脅威にもなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2679文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年11月3日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。