インターネットの「第3の波」とも呼ばれるIoT(Internet of Things)が米国で離陸した。米国得意の標準化とデータ解析技術で、既存産業の抜本的な刷新を狙う。自動化技術や現場力をお家芸とする日本企業には、機会であると同時に大きな脅威にもなる。