政府・与党は景気下支えと消費税率再引き上げへの環境を整えるため、新たな経済対策作りを急ぐ。目玉として世帯向けに「給付金」を支給する案が検討されていることが本誌の取材で分かった。物価上昇に悩む家計への直接支援で消費喚起を狙うが、調整は曲折も予想される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1631文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年11月3日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。