秋らしく寒さが深まり、鍋がおいしい季節を迎えた。弊社の家庭向け鍋物調味料の売上高は直近で年間115億円となり、この10年で4割増えている。鍋の素、750mlのストレートタイプに加え、最近は小容量タイプ(1人前23g・水150ml)が好調だ。鍋市場は全体でも足元で500億円弱に膨らんだと見られ、右肩上がりに推移している。