中堅の部品メーカーが突然、電動アシスト自転車市場に参入。業界内でなければ入らなかった顧客の不満情報を入手したことが契機だ。ネットの普及などで、消費者の「声なきクレーム」までくみ取れる時代がきた。