突如経営に復帰した創業者がMBOを実施して改革に取り組もうとしたが頓挫。もはや復活はないと思われたかつての「ファミレスの雄」が業績を劇的に回復した。余勢を駆って再上場まで果たした舞台裏には、“本業”を否定した路線転換があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5874文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。