「これだと、僕は怠けてしまう」。ミスミに就職してすぐ、そう感じました。金型やFA(工場自動化)機器の部品に「標準化」の概念を持ち込んで、カタログ販売するのがミスミの本業です。私が入社した時、既にミスミのビジネスモデルは確立していたので、そこで一プレーヤーを演じるのは自分に向かない、と思ったんです。