「これだと、僕は怠けてしまう」。ミスミに就職してすぐ、そう感じました。金型やFA(工場自動化)機器の部品に「標準化」の概念を持ち込んで、カタログ販売するのがミスミの本業です。私が入社した時、既にミスミのビジネスモデルは確立していたので、そこで一プレーヤーを演じるのは自分に向かない、と思ったんです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1313文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。