米国西部が慢性的な水不足に悩まされている。カリフォルニア州に広がるセントラル・バレーで、ディーナー家は3世代にわたって農業を続けてきた。現在はサボテンの栽培に乗り出している。干ばつが3年目に突入し、水不足が続いているためだ。