米国西部が慢性的な水不足に悩まされている。カリフォルニア州に広がるセントラル・バレーで、ディーナー家は3世代にわたって農業を続けてきた。現在はサボテンの栽培に乗り出している。干ばつが3年目に突入し、水不足が続いているためだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1246文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年10月27日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。