1910年代から70年にわたって、奇妙な味わいをたたえた独自の「形而上絵画」を展開したデ・キリコ。日本の愛好家も多く、村上春樹氏が著書の中でファンになったと述べるなどインテリ好みの画家として名高い。