1910年代から70年にわたって、奇妙な味わいをたたえた独自の「形而上絵画」を展開したデ・キリコ。日本の愛好家も多く、村上春樹氏が著書の中でファンになったと述べるなどインテリ好みの画家として名高い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1153文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年10月27日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。