素材こそが世界を変える。有望だと確信すれば、数十年待つこともいとわない。その「執念深さ」の原点とは。強さと弱さを日覺社長が語る。