革新性で航空業界をリードしてきた英ヴァージン・アトランティック航空。1989年に運航を始めた日本路線から、来年2月のフライトを最後に撤退する。挽回の切り札と期待していたボーイング787の就航と羽田発着枠の獲得はならなかった。