終息の気配を見せないエボラ出血熱への対応を巡って混乱が続いている。米国では医療関係者への2次感染が相次ぎ、当初、感染拡大の可能性は薄いと見ていたバラク・オバマ政権にも矛先が向かい始めた。