終息の気配を見せないエボラ出血熱への対応を巡って混乱が続いている。米国では医療関係者への2次感染が相次ぎ、当初、感染拡大の可能性は薄いと見ていたバラク・オバマ政権にも矛先が向かい始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2122文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年10月27日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。