世界経済の不透明感などを背景に、日本でも株式相場の動揺が続いている。ここにきて海外勢に代わって、個人投資家が積極的な買いに動き始めた。しかし個人マネーは相場の下支え役にはなっても、牽引役にはなりきれない。