国際会計基準(IFRS)を任意適用する企業が急増している。狙いは海外M&A(合併・買収)の推進や、物差し統一による経営革新。成長を第一に掲げる先進企業とその他の企業の格差が広がりつつある。