ハビエル・アギーレを新監督に迎え、4年後にロシアで開かれるFIFAワールドカップ(W杯)を目指して新生日本代表が始動、ここまで4試合を戦った。明確な方針を示し、選手の競争意欲をかき立てながらベテランと若手の融合を図っている。今はいろいろな選手を試しながら試運転しているといった状況だが、徐々に強化を加速し、4年後には史上最強のチームを完成させてくれるだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1583文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。