大学を出て大蔵省(現財務省)に入って以降、半世紀近くも公の仕事に携わりました。特に印象に残っていることを挙げよと言われれば、一つは首相官邸で政策調整に当たる内閣官房副長官補時に手掛けた被用者健康保険の本人負担2割から3割への引き上げです。自民党の猛反発を乗り越え、2002年の制度改正ができました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1346文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。