大学を出て大蔵省(現財務省)に入って以降、半世紀近くも公の仕事に携わりました。特に印象に残っていることを挙げよと言われれば、一つは首相官邸で政策調整に当たる内閣官房副長官補時に手掛けた被用者健康保険の本人負担2割から3割への引き上げです。自民党の猛反発を乗り越え、2002年の制度改正ができました。