バブル崩壊後に2兆5000億円もの有利子負債を抱えた出光興産。懸命のコスト削減と事業構造の転換によって、危機を乗り越えた。多くの会社が自力再建を断念する中、なぜ出光はやり遂げられたのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5633文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題