世界経済の先行きに不透明感が増している。国際通貨基金(IMF)は10月7日に世界経済見通しを公表。2014年の世界全体の成長率を3.3%と、前回7月発表時から0.1ポイント引き下げた。米国の成長率を0.5ポイント引き上げて2.2%とした一方、日本は0.7ポイント減の0.9%、ユーロ圏も0.3ポイント減の0.8%と予想している。