長い間変化してこなかった三菱重工業は、産業界のいわば“化石”だ。程度こそ違えど、同じような課題に悩んでいる日本企業は少なくない。問われているのは、甘えを断ち切り、改革をやり抜く勇気だ。