長い間変化してこなかった三菱重工業は、産業界のいわば“化石”だ。程度こそ違えど、同じような課題に悩んでいる日本企業は少なくない。問われているのは、甘えを断ち切り、改革をやり抜く勇気だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2415文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 三菱重工」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。