三菱グループ、電力会社、官需が三菱重工業を支えてきた。だが、3つの「屋台骨」はいつの間にか変わってしまっていた。あちこちで受注を失い始めた三菱重工に忍び寄る危機とは。