青色LEDを開発した日本人3人が、2014年のノーベル物理学賞を受賞する。日本が得意としてきた産業技術が評価され、今後の日本人受賞への期待も膨らむ。だが海外との差は縮まっているとの指摘も。競争力を保てるかは予断を許さない。