青色LEDを開発した日本人3人が、2014年のノーベル物理学賞を受賞する。日本が得意としてきた産業技術が評価され、今後の日本人受賞への期待も膨らむ。だが海外との差は縮まっているとの指摘も。競争力を保てるかは予断を許さない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2425文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年10月20日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。