中国指数研究院は10月1日、9月の中国主要100都市の住宅価格動向を発表した。前月より価格が下落した都市は8月に比べ5カ所増え、79となった。新築住宅の1平方メートル当たりの平均価格は1万672元(約19万円)と、前月より0.92%下落。今年5月以降、5カ月連続で価格が落ちている。9月の下落幅は前月より0.33ポイント拡大した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2014文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年10月13日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。