9月28日に大規模化した、香港行政長官選での普通選挙実施を求める民主派による占拠、デモが続いている。この騒乱の中にあっても、香港司法は独立を守ってデモのリーダーを釈放し、三権の分立を示した。香港を金融センターたらしめる「法治」を守りながらデモを沈静化させる。香港政府はその難題に直面している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1312文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年10月13日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。