進出から50年の歴史を持ちながら、花王は海外市場で苦戦してきた。だが、反転攻勢の芽が出てきている。はたして「強い花王」をアジアでも実現できるのか。