「国体(国内市場)で勝ち抜いて、オリンピック(グローバル市場)に挑戦しよう」。花王の黄金時代を築いた丸田芳郎元社長は、この言葉を好んで用いた。海外進出の進まない「内弁慶」企業。それを変えたいと願い続けた。