この9月29日に、政府と経済界、労働団体の代表らを集めた「政労使会議」が再開され、その席で、安倍晋三総理大臣は、経済成長を維持するために「年功序列型賃金」の見直しなどの労働改革を進める考えを示唆した。