関西国際空港の運営権を民間企業に売却する「コンセッション」が動き出す。だが長期間の収益が見込めるとは限らず、巨額の債務圧縮が目的の仕組みに疑問の声も多い。仙台、福岡など他の空港でも検討が進むインフラ再建策が根付くための方策を探る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6945文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。