日経ビジネス読者の記憶に残る変革の第3位は、20世紀末の日産自動車の事業再生だ。仏ルノーから送り込まれたカルロス・ゴーンは、1999年10月に日産リバイバルプランを発表。「史上最大級の強権的なリストラが始まった」と世間には伝わった。だが、再生の裏側には、それだけではない秘話があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1247文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「断」の経営」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。