日経ビジネス読者の記憶に残る変革の第3位は、20世紀末の日産自動車の事業再生だ。仏ルノーから送り込まれたカルロス・ゴーンは、1999年10月に日産リバイバルプランを発表。「史上最大級の強権的なリストラが始まった」と世間には伝わった。だが、再生の裏側には、それだけではない秘話があった。