日本から変革力が消えた理由は、社会全体が豊かになり、そもそも変革への渇望が失われたことだ。この問題を解決するため、日本企業は過去20年、様々な手段を講じて、現場社員に「変革の必要性」を植え付けようとしてきた。