グローバル化、市場成熟、コモディティー化などで高くなった変革のハードル。それを乗り越えるには、今まで以上のエネルギーで高く飛び上がるしかない。経営的に言えば、経営資源を本当に必要な事業にだけ、従来にないほど集中させることが不可欠になる。