10月、KADOKAWAがドワンゴと経営統合しKADOKAWA・DWANGOが発足した。日本のコンテンツ産業の未来を見据え、アナログとデジタル双方の強みを生かす。若き川上量生会長に経営を託したメディア界の重鎮がその思いを語る。