京都を訪れた米国人学生が「京都ってインドみたいな所ですね」と漏らしたという。原因は、町中に張り巡らされた“電線”。国土を埋め尽くす電線や鉄塔、看板・広告が、日本の景観美を台無しにしている、と著者は指摘する。