9月23日、約160カ国・地域の首脳や閣僚が参加した国連気候変動首脳会合(気候変動サミット)が米ニューヨークの国連本部で開かれた。これまで温暖化ガスの排出削減に後ろ向きだった米国と中国が前向きに努力する考えを表明した。