イオンがダイエーの完全子会社化を決めた。ダイエーの屋号をなくし、グループ一体での再生を期す。だが、肝心のイオン流改革の実効性には不透明感も漂う。