日経平均株価が1万6000円台を回復し、さらなる上昇を期待する声も出ている。しかし、実体経済の変調もささやかれ始め、株高との乖離が広がりつつある。アベノミクス相場の中身は変質しており、ショックへの耐久力には疑問符がつく。