一般的に新興国が外資を導入する場合、税の優遇措置やそのためのインフラの整備など、至れり尽くせりの受け入れ体制があるとされる。人件費が安い地域では国内で製造するよりも利益が確保しやすいという事情もあるだろう。現地に対しては、技術の伝承や雇用がもたらされると言われる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1143文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。