札幌国税局の指摘を受け、公的研究費の不正経理を調査していた北海道大学。不正総額は約5億3000万円。59人の教員が関与していたことが判明した。教員と外部の出入り業者との長年の馴れ合いが不正の温床となった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2871文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。