世界は動乱期に入ったのかもしれません。政治的には中国をはじめとする新興国が先進国に挑む構造的な変化。産業的には新たな技術革新が既存の産業秩序を脅かすという構図です。