巨大電池工場の構想の陰には、日本企業との綿密な連携がある。規制やITなどをフル利用した新たなビジネスモデルを築いている。