河南省の地方役人が116万元の収賄罪に問われ、このほど懲役11年の判決を受けた。ただ、受け取ったお金の大半は春節などのご祝儀で、中国ではこれまで収賄とは見なされてこなかった。腐敗撲滅運動が激しくなる中、ご祝儀をどう扱うかについては司法も苦しい立場にあるようだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3149文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年9月29日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。