競争優位の終焉とは、競争に打ち勝って成功しても、持続的に成長するのが難しいということ。技術の進化や情報伝達の速度が過去とは比べものにならないくらい高速化しているために、盤石の地位と思われた事業があっという間に衰退していく。