預金3000万円以上を持つ海外富裕層を対象に、訪日旅行でこれまでより長期の滞在を認める規制緩和を政府が検討しているという。目の付けどころは悪くないが、海外のカネを利用して日本経済を活性化させたいなら、まだまだ踏み込み不足だ。