東京電力は火力発電事業の提携で中部電力を優先交渉先に選ぶ。この組み合わせが実現した背景には、政府の思惑もあった。一方、中部電の懸念は払拭できたわけではない。残されたハードルとは。