地ビール最大手のヤッホーブルーイングが、キリンビールと提携した。ヤッホーはキリンに生産を委託し、経営資源をブランディングと開発に集中する。「地ビール」という枠組みを超えて、熱狂的なファンが支える成長モデルを進化させる。