地ビール最大手のヤッホーブルーイングが、キリンビールと提携した。ヤッホーはキリンに生産を委託し、経営資源をブランディングと開発に集中する。「地ビール」という枠組みを超えて、熱狂的なファンが支える成長モデルを進化させる。

 地ビール最大手のヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)が、キリンビールと業務提携した。ヤッホーがキリンに生産委託する一方、キリンはヤッホーに33.4%出資する。来年春頃から、キリンの工場でヤッホーの主力ビール「よなよなエール」などを生産する。

ヤッホーの主力「よなよなエール」(左)と長野県佐久市の醸造所

 地ビールは「クラフトビール」とも呼ばれて若者を中心に人気を呼んでいる。一般的にクラフトビールは、小規模な醸造所で、大手ビールメーカーではない企業が造るビールを指す。ヤッホーはキリンの生産設備を活用することで、こうした「クラフト」の枠組みから一歩、踏み出す。

 ヤッホーの井手直行社長は、「『クラフト』と呼ばれることにはこだわりはない。米アップルも中国の工場に生産を委託し、ファンの熱狂に経営資源を投じている。当社がやろうとしていることも同じ」と話す。

次ページ キリン側は出資にこだわる