現行のトクホなどでは制約の多い「機能性」表示が、来春に様々な食品で可能になる。「ゆるいトクホ」が認められると、日本人の食習慣や健康維持の仕方はどう変わるのか。先進国の米国に“解”を探るとともに、緩和を先取りする国内の動きを追った。