現行のトクホなどでは制約の多い「機能性」表示が、来春に様々な食品で可能になる。「ゆるいトクホ」が認められると、日本人の食習慣や健康維持の仕方はどう変わるのか。先進国の米国に“解”を探るとともに、緩和を先取りする国内の動きを追った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5735文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題