「各国の労働力はいつ不足状態に陥るのか」昨今、最も注目を集めている議論と言えば、労働市場に関するものだろう。もともと地味なテーマだが、米国、英国、日本という大国がいずれも経済政策上この課題を抱えている。にわかにスポットライトを浴びることになった。米、英、日、いずれにおいても、労働市場に対する関心は冒頭に触れた一文に尽きる。不足状態に陥ることで、経済に賃金上昇と物価上昇という変化が表れてくるからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1558文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。