「各国の労働力はいつ不足状態に陥るのか」昨今、最も注目を集めている議論と言えば、労働市場に関するものだろう。もともと地味なテーマだが、米国、英国、日本という大国がいずれも経済政策上この課題を抱えている。にわかにスポットライトを浴びることになった。米、英、日、いずれにおいても、労働市場に対する関心は冒頭に触れた一文に尽きる。不足状態に陥ることで、経済に賃金上昇と物価上昇という変化が表れてくるからだ。