4~6月期が大幅なマイナス成長となり、来年10月の10%への消費増税に慎重論が出始めている。政府も意見を求める経済の専門家は、増税先送りのリスクに目を向けるべきだと指摘する。