不適切な会計処理を告発され、自ら創業した雪国まいたけから追放された。「告発は事実無根で、自身の失脚を目的とした陰謀だ」と主張する。今年6月の株主総会で後任の社長を電撃的に解任し、影響力の回復を狙う。